門外不出の秘曲

2017/03/13
門外不出の秘曲
雑学 楽曲

ミゼレーレ



グレゴリオ・アレグリによって作曲された『ミゼレーレ』は、旧約聖書の詩篇を基にした作品で、当時はバチカンのシスティーナ礼拝堂にて復活祭の前の週に3日間だけ歌われる曲でした。
演奏される機会が少ないだけでなく、その楽譜は持ち出すことはもちろん写譜することも禁じられ、この禁を破ったものは破門されるというまさに門外不出の秘曲です。
それでも何とかこの秘曲を盗み出そうと何人もの人が挑戦しましたが、その美しさを外の世界で再現することはできませんでした。

しかし、今日の私たちはこの作品を聴くこともできますし、楽譜を手に入れることもできます。
一体どこでこの秘曲が固い門をこじ開けて世界に飛び立っていったのでしょう。

その媒体となったのは神童モーツァルトでした。
レオポルトと世界中を旅して回っていたモーツァルトはローマを訪れた際に、水曜礼拝でこの『ミゼレーレ』と出会います。
宿に戻るやいなや記憶を頼りに『ミゼレーレ』を楽譜に書き写していくと、金曜日に再度礼拝堂を訪れて細かい修正を加えて楽譜を完成させてしまいます。

あの秘曲の楽譜が手元にあること、さらにはそれを自身の息子がいとも簡単にやってのけてしまったことに大興奮したレオポルトは、勢いそのままに喜びの手紙をしたためています。
息子モーツァルトの才能をまたも再確認するような出来事でした。

旅の途中で出会った英国人の歴史家のバーニーがモーツァルトから楽譜を手に入れると、ロンドンに楽譜を持ち帰り、とうとう秘曲『ミゼレーレ』が出版されます。
このモーツァルトが記憶を頼りに書き写した『ミゼレーレ』の完成度の高さは凄まじく、これまでの挑戦者たちとは違い、その美を完全に再現するものでした。

これには時のローマ教皇もお手上げで、禁令は撤廃されモーツァルトはローマへ呼ばれます。
モーツァルトもどのような罰が下るのだろうと考えたかもしれませんが、ローマ教皇は一度聴いただけで『ミゼレーレ』を暗譜し、長年誰も成し得なかった『ミゼレーレ』の持ち出しを成功させた少年モーツァルトを大絶賛します。

このひとりの天才少年のおかげで、我々はこの美しい作品を何の苦労もなく聴けるようになったのです。
禁を破れば破門にしてしまう程に厳重にこの秘曲を隠してきましたが、モーツァルトの才能はその想定をはるかに超えるものだったということでしょうね。

関連記事

2016/12/10
お菓子のバレエ組曲
雑学
楽曲

2017/03/04
呪いの数字
雑学
人物

2016/08/16
王の名を息子に奪われた父
人物
雑学

2016/06/16
バッハとヘンデルの失明に関わった眼科医
雑学

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 不協和音の定義とは?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

6位. ベートーヴェンの難聴の原因

7位. モーツァルトは下品なのか?

8位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

9位. バラードとは?

10位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

11位. エリック・サティという突然変異

12位. 非業の死を遂げた作曲家

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

15位. チャイコフスキーの突然死の謎

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. ベートーヴェンに追い詰められた甥

19位. ソナタ形式とは?

20位. リストの娘とワーグナー