ストラディヴァリウス盗難事件2

2017/03/08
ストラディヴァリウス盗難事件2
雑学 楽器

リピンスキー



前回紹介した『ストラディヴァリウス盗難事件』に続いての第二段です。
今回盗難の憂き目にあったストラディヴァリウスの名は『リピンスキー』。

2014年1月27日、アメリカのウィスコンシン州ミルウォーキーでミルウォーキー交響楽団のコンサートマスター、フランク・アーモンド氏がウィスコンシン・ルーザラン大学での公演を終えて帰路につきました。
その手にはオーナーより貸与されていた6億円の価値のある『ルピンスキー』が。

『ルピンスキー』を車に乗せようと助手席のドアに手をかけたその時、テーザー銃と呼ばれる発射式のスタンガンで撃たれます。
意識を取り戻した時には『ルピンスキー』の姿はどこにも見当たりませんでした。

しかし、この事件はスピード解決をみます。
テーザー銃は発射と同時にその本体を示すタグが残される為、持ち主である理容師がすぐに特定されたのです。

理容師はテーラー銃は盗難されたものだと言い張りますが、事件後にお客さんのひとりに実行犯の名前とテーラー銃を実行犯に提供するという形で自分が事件に関与していることを話していました。
この事件の情報提供には1000万円の報奨金がかけられていた為、このお客さんからのたれこみであえなく実行犯とテーザー銃を提供した理容師が逮捕されました。

ストラディヴァリウスは6億円という価値からも分かるように、ただの楽器という存在を超えたヴァイオリンです。
盗難事件が起きれば当然世界中の話題となります。
この理容師は自分が世界的な事件の一端を担っているということをどうしても話したくなってしまったのでしょう。

ストラディヴァリウスの持つ魔力によって逆に事件が早期解決を迎えたという珍しい例ですね。

関連記事

2016/09/26
天使の声を聴いたシューマン
雑学
楽曲

2016/07/25
天から音を連れてきた父
人物
雑学

2015/12/02
日本の音楽の街とは
雑学

2016/11/03
天才のスランプ?
雑学
楽曲

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 不協和音の定義とは?

6位. バラードとは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. 非業の死を遂げた作曲家

11位. モーツァルトは下品なのか?

12位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

13位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

14位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

15位. チャイコフスキーの突然死の謎

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. ソナタ形式とは?

19位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

20位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く