春の歌

2017/02/22
春の歌
雑学 楽曲

無言歌集



身も凍る様な日々が続いていましたが、最近では時折暖かい日差しが降り注ぐこともあり、春の背中が見えてきたように思えます。
音楽では四季折々の情景が多くの作曲家によって表現されてきましたが、その旋律に触れることで一足早くその季節を味わうことが出来るというのは大きな醍醐味です。

本日は見え隠れしている背中を一気に引き寄せるという意味で、メンデルスゾーンの『春の歌』を紹介します。
『無言歌集』と銘打たれたピアノ独奏のための作品集の第5巻に収められた『春の歌』は、おそらくこの作品集の中で最も有名な作品でしょう。

『無言歌集』に収められている作品の内、メンデルスゾーンが自ら付けた表題は5曲しかなく、それ以外は出版社による表題ですが、『春の歌』は楽譜の冒頭に「春の歌のように」と記されていたことからその名前が付けられています。
限りなくメンデルスゾーンによるオリジナルタイトルに近い表題ということですね。

春の訪れを感じさせる軽やかな装飾音の上に暖かい旋律。
この作品で一足早い春を感じてみてはいかがでしょうか。

関連記事

2016/05/11
ベートーヴェンは1日に3リットルのワインを飲んでいた?
雑学

2016/09/05
非業の死を遂げた作曲家2
雑学

2016/10/04
演奏に639年かかる曲
雑学
楽曲

2017/03/08
ストラディヴァリウス盗難事件2
雑学
楽器

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 不協和音の定義とは?

6位. バラードとは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. 非業の死を遂げた作曲家

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. モーツァルトは下品なのか?

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

15位. チャイコフスキーの突然死の謎

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

19位. ソナタ形式とは?

20位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く