ブルックナーとビール

2017/01/27
ブルックナーとビール
雑学 楽曲

お酒の失敗



60歳で花開いた作曲家』で紹介した遅咲きの作曲家ブルックナー
ブルックナーは大変なビール好きであったそうで、ビールをジョッキで10杯以上飲み、それは医者に止められても直らなかったそうです。

前述の通りブルックナーは世間に認められるまでに長い歳月がかかっていますが、もちろんのことその才能が誰の目にも留まらなかった訳ではありません。
自身が信奉するワーグナーにはその才能を認められていました。

しかし、そんなワーグナーブルックナーの出会いの中には、ビールでの失敗が隠されていました。

ブルックナーは自身の交響曲をワーグナーに献呈したいと考え、交響曲第2番と交響曲第3番の譜面を持ちバイロイトのワーグナー宅を訪問します。
ブルックナーを一目見たワーグナーの妻コジマはその風貌から物乞いかと思ったそうです。

楽譜は受け取ったものの門前払いを食らったブルックナーですが、楽譜を見たワーグナーは感動のあまりにすぐにブルックナーを連れ戻し、ベートーヴェンに通ずる才能だと絶賛します。
快く献呈を受け入れたワーグナーは客人ブルックナーに次から次へとビールを薦め、ついつい飲みすぎてしまったブルックナーはすっかり酔っ払ってしまいました。

翌朝目が覚めると、飲みすぎたブルックナーは交響曲第2番、交響曲第3番のどちらの献呈を受け入れてもらったのか思い出せません。
恐る恐る手紙でワーグナーに「トランペットで主題が始まるニ短調交響曲の方ですか?」と尋ねて交響曲第3番であることが判明するといった具合でした。

今も昔もお酒の失敗というのは変わらないものですね。

関連記事

2015/12/04
もうひとりのモーツァルト
雑学
人物

2017/05/08
5つのラ・カンパネラ
雑学
楽曲

2016/09/05
非業の死を遂げた作曲家2
雑学

2017/01/17
ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?
雑学
楽曲

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 不協和音の定義とは?

6位. バラードとは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. 非業の死を遂げた作曲家

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. モーツァルトは下品なのか?

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

15位. チャイコフスキーの突然死の謎

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

19位. ソナタ形式とは?

20位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く