ベートーヴェンの食生活

2017/01/25
ベートーヴェンの食生活
雑学

ベートーヴェンの一日



食の道へ転身した作曲家』で紹介した美食家ロッシーニと同時代を生きていたベートーヴェン
ベートーヴェンロッシーニのように豪華絢爛な食生活を送っていたのでしょうか。

毎朝6時に起床するときっちり60粒のコーヒー豆を選び出しコーヒーのみの朝食。
きっちり60粒という所が何とも芸術家っぽいというかベートーヴェンっぽい所ですね。

朝食を取ったら創作活動に没頭し昼も過ぎた頃に遅めの昼食。
ベートーヴェンは1日に3リットルのワインを飲んでいた?』で紹介した通り、大のワイン好きだったベートーヴェンは昼間からワインを楽しんでいたようです。

好物はパンをどろどろになるまで煮込んだスープ、卵、じゃがいもを添えた淡水魚のムニエル、仔牛肉、チーズを和えたマカロニなど。
どれも決して高いものではなく、むしろ質素な食生活と言えるでしょう。
ベートヴェンは食道楽など、いま手に入る快楽を追うのではなく、芸術的理想を追い求めた人物であったようです。

ただ芸術的理想を追い求めた人物がイコール好人物ではないということを証明するかのように、自宅にあった卵を光にかざして腐っているものを見つけては、メイドさんに投げつけていたそうです。
おかげさまでベートーヴェンの家で働いたメイドさんは1ヶ月経つことなくほとんどが辞めていきました。

さて話を戻しまして、昼食終わりに長時間の散歩に出かけ、帰ってくると新聞を読みながら昼食同様簡素な夕食を取り、ワイン、ビールと共にタバコや葉巻を楽しみました。
そして22時には就寝。

フォアグラやトリュフをふんだんに使った料理を楽しんでいたロッシーニと比べると、あまりにも庶民的な食生活と言えるでしょう。
ひとえにイタリア人とドイツ人の国民性の差というだけのことかもしれませんが、音楽の求道者とも言えるベートーヴェンと美食のために音楽の道を離れたロッシーニは真逆であるように見えます。
しかしベートーヴェンロッシーニの作品を高く評価しており、『セビリアの理髪師』に関しては本人にオペラ・ブッファの傑作だと伝えています。

才能はどんな環境でも花開くということかもしれませんが、ベートーヴェンにとっては食事を含めたこの生活が最も創作活動に適していたのでしょうね。

関連記事

2016/07/29
もうひとりのハイドン
人物
雑学

2016/10/24
音の仮装パレード
雑学
楽曲

2016/07/22
モーツァルトは実は高収入だった?
雑学

2016/11/12
ベートーヴェンの父
雑学
人物

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 不協和音の定義とは?

6位. バラードとは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. 非業の死を遂げた作曲家

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. モーツァルトは下品なのか?

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

15位. チャイコフスキーの突然死の謎

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

19位. ソナタ形式とは?

20位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く