猫好き必聴の小曲

2016/12/22
猫好き必聴の小曲
雑学 楽曲

二匹の猫の滑稽な二重唱



紡ぎ出された詩の世界にインスピレーションを受け、音楽家が曲を付けた優れた歌曲は星の数ほど存在します。
中には歌曲から詩に出会い、その作家に惹かれていく人もいることでしょう。

しかし猫語で作られた作品だったらいかがでしょうか。

食の道へ転身した作曲家』で紹介したロッシーニの作品に『二匹の猫の滑稽な二重唱』という曲があります。
二匹の猫が掛け合いを行っているような曲で、詩は全て猫の言葉で書かれています。
まあ猫の言葉による詩というよりはただの鳴き声に聞こえるかもしれませんが、、

人間には理解できない内容ですが、猫を飼っているお宅では猫が感動の涙を流す瞬間を見られるかもしれませんね。

関連記事

2017/01/02
ニューイヤーコンサート
雑学
公演

2015/12/04
もうひとりのモーツァルト
雑学
人物

2016/11/11
悪魔は埋葬できない?
雑学

2016/02/14
ロシアのクラシック音楽
知識
雑学

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. バラードとは?

6位. 不協和音の定義とは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. 非業の死を遂げた作曲家

10位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

13位. チャイコフスキーの突然死の謎

14位. モーツァルトは下品なのか?

15位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

18位. 交響詩とは?

19位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く

20位. クラシック音楽に目覚めたきっかけ