天才のスランプ?

2016/11/03
天才のスランプ?
雑学 楽曲

音楽の冗談



モーツァルトという傑出した才能が円熟期を迎えていた31歳の年。
オペラや交響曲の傑作を次々に世に送り出していたモーツァルトは、一風変わった作品を作曲します。


4楽章から成るディヴェルティメントという室内用器楽曲として作曲された同曲ですが、ディヴェルティメントでは定番のオーボエがありません。
また4楽章構成では重要な第1楽章と第4楽章が短く稚拙で、第2楽章と第3楽章が長いというアンバランスな作りです。
さらには当時のホルンでは演奏が難しく、使われることのなかったトリルを使用したり不協和音を奏でたりと、あのモーツァルトが作曲したとは思えない作品です。


流れていかないメロディは美しさが感じられず、各楽器は度々調から外れた音を出し、挙句にはフィナーレで全ての楽器が別の調になってしまうというなんとも散々な終わり方です。
モーツァルト自身によって名付けられたそのタイトルは『音楽の冗談』。
もちろんモーツァルトはわざとそう作曲したのです。


この作品の作曲の経緯については多くの研究が為されていますが、最も有力な説は当時のウィーンにはびこっていたアマチュア音楽家に対しての皮肉という説です。
当時は貴族階級の人間が趣味で作曲をしたり、アマチュア作曲家が作った作品を仲間と演奏したりということが往々にしてありました。
中にはアマチュア作曲家でありながら有力者に上手に取り入り収入を得る者も現れていた為、その生涯を音楽に捧げてきたモーツァルトにはおもしろくなく、アマチュア作曲家を皮肉的に模したような作品をあえて作ったのです。


その2ヵ月後には『音楽の冗談』と似た形式のあの名曲『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』が作曲されていますので、まるでモーツァルトからの「これが本当の音楽だ。」という回答の様にも思われますね。


関連記事

2016/11/12
ベートーヴェンの父
雑学
人物

2016/09/07
食の道へ転身した作曲家
雑学

2017/04/10
女王の名を冠する交響曲
雑学
楽曲

2016/03/29
シューマンの指
雑学
人物

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. バラードとは?

6位. 不協和音の定義とは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. 非業の死を遂げた作曲家

10位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

13位. チャイコフスキーの突然死の謎

14位. モーツァルトは下品なのか?

15位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

18位. 交響詩とは?

19位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く

20位. クラシック音楽に目覚めたきっかけ