逮捕された楽聖

2016/10/02
逮捕された楽聖
雑学

容姿と風貌



楽聖と呼ばれ、古典派音楽を完成させただけでなく、次の時代の幕まで開けてしまったベートーヴェン
その偉大すぎる実績は、今で言えば大スターのようなものですが、古典派音楽の大スターは一体どのような外見をしていたのでしょうか。

まずは容姿。
いくつかの肖像画が残っているベートーヴェンですが、どのような印象を受けますでしょうか。
気難しそうではありますが、いまいちハンサムともそうでもないとも言えない様な容姿をしています。
実際は肌の色が浅黒く、天然痘の痕が肌にボツボツと残っており、丸鼻で首は短くお世辞にもハンサムと言える様な人物ではなかったようです。

身長も167cm程と西欧人としては低い方でしたが、肩幅が広く非常に筋肉質であった為、まるで熊のようだと形容されていました。

次にその風貌ですが、ボサボサの長髪を後ろに流しており、無精ひげも剃らずにそのままでした。
また年と共に服装についても頓着がなくなっていき、弟子から「ロビンソン・クルーソーのようだ。」と言われてしまうほどにボロボロの服を着ていました。

いかがでしょうか。
楽聖という言葉のイメージからはかけ離れた外見であったことが分かります。
さらにそれを裏付けるようなエピソードがあります。

あまりに汚い恰好で外をうろついていたベートーヴェンは一度ならずとも浮浪者に間違えられたことがあり、挙句の果てにはそれが故に逮捕されてしまいます。
当時の社会情勢では浮浪者が逮捕されることは珍しくないことであり、さらにはその時ベートーヴェンはひどく酔っぱらっていたとも言われています。

もちろん当時のウィーンでも大人気の作曲家ですから、ベートーヴェンと分かるや否やすぐに釈放され、ウィーン市長が謝罪する事態に至っていますが、いかにベートーヴェンが風貌に頓着していなかったが分かりますね。

関連記事

2015/12/08
楽器を知れば音楽はもっと面白くなる
楽器
雑学

2016/09/05
非業の死を遂げた作曲家2
雑学

2016/12/22
猫好き必聴の小曲
雑学
楽曲

2016/07/05
水上の音楽は王への謝罪のために作曲された?
雑学
楽曲

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 不協和音の定義とは?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

6位. ベートーヴェンの難聴の原因

7位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

8位. モーツァルトは下品なのか?

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. バラードとは?

11位. エリック・サティという突然変異

12位. 非業の死を遂げた作曲家

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. チャイコフスキーの突然死の謎

15位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. ベートーヴェンに追い詰められた甥

18位. 交響詩とは?

19位. ソナタ形式とは?

20位. リストの娘とワーグナー