60歳で花開いた作曲家

2016/09/25
60歳で花開いた作曲家
人物

アントン・ブルックナー



オーストリアの作曲家で、好きな人はとことんはまってしまうことでお馴染みのブルックナー
このブルックナーという人物は一筋縄ではいかない、多面性を持った人物であったことが知られています。

オルガン奏者として稀有な才能を持っていたブルックナーは子供の時分から教会でオルガンを弾いていた為、その原風景には常に荘厳な教会の佇まいと神の存在がありました。
敬虔なカトリックとなったブルックナーの作品にはその影響が色濃く表れています。

しかし同時に大酒飲みであり、若い女性に熱を上げやすく、次から次へと声をかけていく有様。
多くの女性に求婚するも成就することは一度もなく、ブルックナーは生涯独身でありました。
その生涯独身という部分を取り上げて、やはり敬虔なカトリックは違うなという誤った人物評に繋がっていった一面もあるようです。

また自作の音楽に強い自信を持ちながらも、不評に終わると途端に意気消沈し、自作の改訂、それもその作品に限らず過去の作品まで手を伸ばして大幅な改訂を加えることが多々ありました。
ブルックナーの作品には必ず版の問題が付きまとい、このような本人の改訂もさることながら、出版前に弟子たちが少なからず手を入れており、新のオリジナルの位置をより曖昧なものとしています。

そこで国際ブルックナー協会はロベルト・ハースを擁立し、ブルックナーの作品から弟子たちの手垢を削ぎ落とすプロジェクトを発足させます。
その結果改めて発表されたものをハース版と呼び一定の評価を得ますが、ハースがナチ党のメンバーであったことから第二次世界大戦後にこのハースを追放します。

次にこのプロジェクトを受け継いだのが、レオポルト・ノヴァークです。
ハースが手をつけられなかった作品だけでなく、既にハースが改訂を行ったものにも再度改訂を行い、ノヴァーク版として発表します。

このように同じ作品でも複数の版が存在しているのですが、これだけの熱量を持って研究が行われるということはある意味ブルックナーの人気を裏付ける根拠と言えると思います。
なかでも出身地であるオーストリア、お隣のドイツでの人気はすさまじいものがあります。

遅咲きであった理由



しかしそんなブルックナーも生前は、60歳の時に初演を迎えた交響曲第7番の成功まで有名作曲家とは言い難い存在でした。
なぜこれだけの人気作曲家が遅咲きだったのでしょうか。

まずは偏に作曲家として活動を始めたのが遅かったということがあげられます。
交響曲を作曲するようになったのは40歳を超えてからというのは同時代の作曲家と比べてもだいぶ遅いです。

もうひとつにブルックナーが熱心なワグネリアンであったことがあげられます。
ワーグナーの信奉者ということですね。

ブラームス派 VS ワーグナー派』で紹介しましたが、反ワーグナーの旗頭にエドゥアルト・ハンスリックという音楽評論家がいました。
ハンスリックはワーグナーに類するものは片っ端からこき下ろした為、そのとばっちりを受けて正当な評価を得るのに時間がかかったという側面があります。
ハンスリックからのあまりの攻撃に窮したブルックナーは、オーストリア皇帝に謁見する機会があった時に、「ハンスリックが私の悪口を新聞に書くのをやめさせて下さい。」と懇願したほどです。

認知度が高まるのは遅かったブルックナーですが、決して貧しい生活を送っていたわけではなく、家業でもある教授職にてオーストリアでは高給取りだったそうです。

関連記事

2016/09/14
3人目のヨハン・シュトラウス
人物

2016/03/29
シューマンの指
雑学
人物

2016/07/27
才に溢れたプロイセンの王子
人物
雑学

2017/02/11
鉄道オタクの作曲家
雑学
人物

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 不協和音の定義とは?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

6位. ベートーヴェンの難聴の原因

7位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

8位. モーツァルトは下品なのか?

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. バラードとは?

11位. エリック・サティという突然変異

12位. 非業の死を遂げた作曲家

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. チャイコフスキーの突然死の謎

15位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. ベートーヴェンに追い詰められた甥

19位. ソナタ形式とは?

20位. リストの娘とワーグナー