驚愕の交響曲

2016/09/17
驚愕の交響曲
雑学 楽曲

交響曲第94番



交響曲の父』で紹介したハイドンの交響曲に『驚愕』と呼ばれる交響曲があります。
これはハイドンが名付けたタイトルではなく、この交響曲を聴いた聴衆がそう呼ぶようになったものです。
一体なぜ『驚愕』と呼ばれるようになったのでしょうか。

エステルハージ家の宮廷楽長の職を追われたハイドンはウィーンを離れロンドンに渡ります。
音楽の都ウィーンに比べて当時のロンドンではまだまだ音楽を聴く土壌ができているとは言い難い状況でした。
演奏中にお喋りをしたり、居眠りをするというのは当たり前の光景。

そこでハイドンは一計を案じます。
新作の交響曲第94番の第2楽章。
主題をピアニッシモ、つまり限りなく小さく弱い音で反復します。
ロンドンの聴衆は例のごとくうつらうつら。

すると突然、全楽器がフォルテッシモで最大音量を鳴らし、ティンパニーは力の限りに太鼓を打ちつけます。
静かな主題の反復を聴いていた聴衆は驚きのあまりに飛び起きました。
それ以降ハイドンの交響曲第94番は『驚愕』という名で知られるようになりました。

関連記事

2016/09/26
天使の声を聴いたシューマン
雑学
楽曲

2016/12/15
音楽のギャンブル
雑学
楽曲

2017/03/31
ピアニストの登竜門
雑学
人物

2017/02/22
春の歌
雑学
楽曲

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 不協和音の定義とは?

6位. バラードとは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. 非業の死を遂げた作曲家

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. モーツァルトは下品なのか?

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

15位. チャイコフスキーの突然死の謎

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

19位. ソナタ形式とは?

20位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く