魔王の作曲者はシューベルトではない?

2016/08/09
魔王の作曲者はシューベルトではない?
雑学 楽曲

魔王



シューベルトを代表する歌曲である『魔王』。
18歳の若きシューベルトがゲーテの詩に感化を受け、わずか4時間で書き上げたとされる作品です。

シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く』で紹介しましたが、シューベルトは周りの友人からの過剰とも言わんばかりのサポートがありました。
『魔王』に関しても同様で、友人たちはまずこの作品を詩の作者であるゲーテに送ります。
しかしゲーテはこの作品を評価しませんでした。

シューベルトの友人たちはそんなことではめげません。
この作品を出版しようと、次はライプツィヒの出版社に作品を送付します。
しかし出版社も出版に値する作品とは評価せず、その旨をシューベルトに連絡しました。
出版社にシューベルトからの返信が届きます。
その内容が「こんな駄作を作曲した覚えはない。私の名を騙っている。」というものでした。

近年、シューベルトの代表作と呼ばれる『魔王』はシューベルトの作品ではなかったのでしょうか。

ことの真相は出版社のひとつのミスでした。
当時、ドレスデンの宮廷音楽家にフランツ・シューベルトという同姓同名の音楽家がおり、『魔王』の作曲者のフランツ・シューベルトはまだまだ無名であったことから出版社は前者のシューベルトに連絡を取ってしまったのです。
自作でない作品であれば名を騙られたと怒るのも無理はないでしょう。

しかしゲーテには評価されず、とばっちり感はありますがもうひとりのフランツ・シューベルトには駄作と言われ散々なシューベルトです。
さすがに意気消沈したようですが、現代のような爆発的な知名度とまではいかないものの、当時からある程度の人気のある曲だったようです。

シューベルトの死後ですが、ゲーテも再度『魔王』を聴いた際には高い評価を与えています。

関連記事

2017/01/02
ニューイヤーコンサート
雑学
公演

2016/10/27
前奏曲で完結した作品
雑学
楽曲

2017/01/12
ヘリコプターが楽器編成に入る作品
雑学
楽曲

2017/05/08
5つのラ・カンパネラ
雑学
楽曲

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. バラードとは?

6位. 不協和音の定義とは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. 非業の死を遂げた作曲家

10位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

13位. チャイコフスキーの突然死の謎

14位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

15位. モーツァルトは下品なのか?

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

18位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く

19位. 交響詩とは?

20位. クラシック音楽に目覚めたきっかけ