才に溢れたプロイセンの王子

2016/07/27
才に溢れたプロイセンの王子
人物 雑学

ルイ・フェルディナント・フォン・プロイセン



以前の記事『音楽に才を見せたプロイセンの王』でフリードリヒ2世を紹介しました。
軍事的にも政治的にも優れた才を見せ、プロイセンの最盛期を作り上げただけでなく、自ら作曲を行うなど音楽にも造詣の深い国王でした。

今回紹介するのはこのフリードリヒ2世の弟の息子、つまり甥にあたるルイ・フェルディナントです。
ルイ・フェルディナントフリードリヒ2世以来の最も優れた才人と呼ばれており、ひとたび戦場へ出れば同盟国から勲章を送られるほどの活躍をし、ひとたび音楽を奏でればその演奏技術も自ら作曲した作品もあのベートーヴェンから賞賛されるといった具合です。

またブロンズの非常にハンサムな青年であり、彼の周りには常に女性の取りまきが絶えなかったようです。
ルックスだけでなく性格もまさに英雄を絵に描いたような性格をしており、戦場では自ら最前線に躍りだし、自国の兵士が危ういとみるや自身の命を投げ出して助けに行くほどでした。
しかしそのようなあまりに英雄的な性格が災いし、フランス軍と対峙したザールフェルトの戦いにてわずか34歳にして戦死します。
ルイ・フェルディナントの戦死を知ったフランス軍の皇帝ナポレオンは敵国の将でありながら、その死を悼んだといいます。

話を音楽の方向へと進めましょう。
ルイ・フェルディナントは当時は作曲家としても有名で、ベートーヴェンとも親交がありました。
身分の違うふたりではありますが互いにその才を認め合う仲で、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番はルイ・フェルディナントに献呈されています。

またベートーヴェンのパトロンで音楽に対する造詣も深かったルドルフ大公は、ルイ・フェルディナントの作品を高く評価しており、戦死の報に触れるとルイ・フェルディナントのために『プロイセン王子ルイ・フェルディナントの主題による変奏曲』を作曲しています。
そしてあのリストルイ・フェルディナントの死を悼み『プロイセン王子ルイ・フェルディナントの主題による悲歌』を作曲しています。

いかにルイ・フェルディナントがプロイセン王国の王子としてだけでなく、才に溢れた音楽家として認知されていたのかが分かりますよね。

関連記事

2016/10/13
大砲を楽器として使った音楽
雑学
楽曲

2016/09/22
おもちゃの交響曲
雑学
楽曲

2016/08/22
最高規模のオーケストラ
雑学
人物

2015/12/08
楽器を知れば音楽はもっと面白くなる
楽器
雑学

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 不協和音の定義とは?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

6位. ベートーヴェンの難聴の原因

7位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

8位. モーツァルトは下品なのか?

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. バラードとは?

11位. エリック・サティという突然変異

12位. 非業の死を遂げた作曲家

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. チャイコフスキーの突然死の謎

15位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. ベートーヴェンに追い詰められた甥

19位. ソナタ形式とは?

20位. リストの娘とワーグナー