ベートーヴェンは1日に3リットルのワインを飲んでいた?

2016/05/11
ベートーヴェンは1日に3リットルのワインを飲んでいた?
雑学

ベートーヴェンの性格



音楽史上、名の知られた偉大な楽聖と言ってベートーヴェンの名を外す人はなかなかいないかと思いますが、ベートヴェンは一体どのような性格だったのでしょうか。
同時代に活躍したモーツァルトが天真爛漫というか奔放な性格で知られているので、それに対するベートーヴェンというのはとてもしっかりとした人物だという印象があるかもしれません。

ところが、なかなかどうしてベートーヴェンも難儀な性格をしていたようです。
モーツァルトはいつ、どんな時でもモーツァルトでしたが、ベートーヴェンはその時々によってまるで別人のように性格が変わりました。

機嫌の良い時は冗談を言ったり、いたずらをしたりとお茶目な面がある一方で、突然激高して物にあたったりとかなりの落差です。
さらに年を経るにつれ、慢性的な腹痛や下痢に悩まされるなど体調面も優れなくなり、より気難しく、短期で激情的になっていきました。
人間誰しも年を取れば気難しくなっていくものとも言えますが、ベートーヴェンに関してはあるひとつの原因があり、その理由をベートヴェン自らが雄弁に語りだしたのです。

遺髪が語る真実



時間をベートーヴェンの亡くなった1827年まで戻しましょう。
ベートーヴェンの葬儀には何万人にも及ぶ市民や音楽家が詰め掛けましたが、その中のある音楽家の弟子がベートーヴェンの遺髪を分けて欲しいと懇願します。
後の作曲家であり、指揮者でもあったフェルディナント・ヒラーです。
遺髪を分けてもらったヒラーはそのベートーヴェンの遺髪を息子に自身の形見として譲ります。
その遺髪が納められたロケットペンダントが修理に出されて以後、ベートーヴェンの遺髪は数奇な運命を辿り、1943年にデンマークのケイ・アレクサンダー・フレミングという医師の元へと渡ります。

そして時は流れ1994年。
サザビーのオークションにかけられたベートーヴェンの遺髪は、アメリカ・ベートーヴェン協会によって落札され、徹底した科学調査にさらされます。
まずはDNA解析を行い、1999年、遺髪がベートヴェンのものである、つまり本物であることを確認。
翌年にはX線分析を行い、遺髪から常人の100倍もの鉛が検出されます。
つまりベートヴェンは死の直前に重症とも言えるべき鉛中毒に陥っていたことが判明したのです。

鉛中毒の症状としては腹痛、頭痛、性格の変化だけでなく、ベートーヴェンの死因ともなった肝硬変にも繋がるものです。
2005年には頭蓋骨より、さらに高濃度の鉛が検出されるに至ります。

では何故ベートヴェンはここまでの鉛中毒に陥ってしまったのでしょうか。
それは当時流通していたワインに端を発するもののようです。

アルコール中毒であった父親同様にベートヴェンも無類のお酒好きでした。
当時のワインには甘味添加物として鉛の化合物(酢酸鉛)が使われており、ベートヴェンは体調が悪い時や気分が優れない時にワインを痛飲していました。
鉛中毒で壊した体に、さらに鉛を取り込んでいるとも知らずに、、

遺髪から検出された鉛の量からワインの本数を算出すると、毎日約3本から4本、つまり3リットルものワインを日々飲んでいたことになります。
その量では鉛中毒になることも、肝硬変を患うのも無理からぬことと言えるでしょう。

蛇足ですが、ベートーヴェンは難聴であったことが知られています。
それが梅毒によるものだとする説がありましたが、当時梅毒の治療に使われていた水銀が遺髪から検出されず、この説は一蹴されることとなりました。
ベートーヴェンの難聴の原因は耳硬化症という伝音性難聴であったことが現在の通説となっています。

関連記事

2016/09/05
非業の死を遂げた作曲家2
雑学

2016/12/01
お菓子の精の音色
雑学
楽器

2017/02/02
届かぬ恋の歌
雑学
楽曲

2016/07/07
暇乞いのために作曲された交響曲
雑学
楽曲

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. 不協和音の定義とは?

5位. ブラームス派 VS ワーグナー派

6位. バラードとは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

9位. エリック・サティという突然変異

10位. モーツァルトは下品なのか?

11位. 非業の死を遂げた作曲家

12位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

13位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

14位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

15位. チャイコフスキーの突然死の謎

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. ソナタ形式とは?

19位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

20位. クラシック音楽に目覚めたきっかけ