ウェーバーはモーツァルトの親戚だった?

2016/05/09
ウェーバーはモーツァルトの親戚だった?
雑学 人物

カール・マリア・フォン・ウェーバー



『魔弾の射手』で有名なウェーバーですが、あのモーツァルトと親戚関係であったことはあまり知られていないのではないでしょうか。

ウェーバーは1786年、モーツァルトが生まれた30年後にオイティーンという小さな町で生まれます。
ウェーバーを語る際にはその父なしでは語れない程に、良い意味でも悪い意味でも(ほとんどは悪い意味、、)その影響を受けているウェーバーですが、生まれた翌年に父が各地を移動する劇団を結成します。
学校に行くこともなく、それこそまるでモーツァルトの様に各地を回って公演を行っていたウェーバー一家ですが、その間にもウェーバーには音楽的な教育が施されていました。

そしてウェーバー11歳の時、あの交響曲の父と謳われたフランツ・ヨーゼフ・ハイドンの弟、ミヒャエル・ハイドンに師事します。
ミヒャエル・ハイドンは昔モーツァルトも師事していた音楽家です。
ミヒャエル・ハイドンの下、音楽的素養を開花させたウェーバーを見た父は劇団を解散させ、自らはウェーバーのマネージャーとしてプロモーション活動に勤しむようになります。
そんな所もまるでモーツァルトの父子関係そのもののようですよね。

どうもウェーバーの父はモーツァルトのことを多少なりとも意識していたようです。
それは何故か。

モーツァルトは1782年、26歳の時にコンスタンツェと結婚しますが、コンスタンツェのフルネームがコンスタンツェ・ウェーバー。
実はウェーバーの父の兄の娘、つまり姪にあたるのがコンスタンツェだったのです。
つまりモーツァルトは義理の甥。
ウェーバーが生まれた時にはすでにモーツァルトは人気作曲家でしたから、ウェーバーにも同じような活躍を期待したのでしょう。

時代の潮流に沿ってオペラの作曲をウェーバーに課した父でしたが、その作品が認められるまでにはそれなりの年月を要することになります。
イタリアオペラが主流であった当事にドイツオペラで挑戦を続けたウェーバーですが、『魔弾の射手』でドイツオペラの金字塔を打ち立てると、後のワーグナーベルリオーズに大きな影響を与えるまでの作曲家になりました。

しかしモーツァルト父子と違い、ウェーバーの父は非常に奔放な人物であったらしく、ウェーバーの稼ぎは父の借金へと消えていっていたようです。

関連記事

2016/05/18
愛の喜びが結婚式に向かない驚きの理由
雑学

2016/04/13
ブラームス派 VS ワーグナー派
雑学

2016/07/25
天から音を連れてきた父
人物
雑学

2016/09/17
驚愕の交響曲
雑学
楽曲

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. バラードとは?

6位. 不協和音の定義とは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. 非業の死を遂げた作曲家

10位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. モーツァルトは下品なのか?

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. チャイコフスキーの突然死の謎

15位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

18位. 交響詩とは?

19位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く

20位. ソナタ形式とは?