呪いに取り憑かれた作曲家

2016/04/14
呪いに取り憑かれた作曲家
雑学 人物

グスタフ・マーラー



マーラーブラームス派とワーグナー派が喧々諤々の争いをする中、音楽家としての一歩を踏み出したロマン派後期の作曲家です。

行商を営んでいた剛毅な祖母の影響からか、マーラー自身も一本気な性格に育ちました。
祖母は行商を規制する法律に抵触して重刑を科されるも、刑には服さずウィーンの皇帝に直訴するといった有様で、なんとこの時御年80歳。
マーラーも菜食主義を貫き、指揮者へ就任した際は、細かいアプローチと高圧的な態度を崩すことなく、楽団員から指揮者を追われる程でした。

晩婚だったマーラーは42歳で18年下のアルマと結婚し、その年に長女を授かります。
前述の通り、指揮者としての座は追われてしまいましたが、結婚の年に交響曲第5番を完成させるなど、作曲家として活動を行っていました。

そんなある日、フリードリヒ・リュッケルトの『亡き子をしのぶ歌』という425篇から成る詩集と出会います。
妻アルマの不吉だという反対を押し切り、マーラーはこの詩に曲をつけて原題のまま『亡き子をしのぶ歌』として発表します。

成年までの生存率が著しく低い時代ですから、非科学的な憶測は意味がないことかもしれません。
『亡き子をしのぶ歌』の発表の後に長女マリア・アンナが病死します。
後年強迫観念などの精神疾患に苛まれるマーラーですが、悲嘆に打ちひしがれ、「娘を失ったあとであったなら、どうしてこのような曲が書けただろうか。」と手紙にしたためています。

そしてマーラーの頭は『死』という存在に捉われてがんじがらめになっていきます。

第九の呪い



古典派音楽の隆盛を極めると同時にその破壊まで行った楽聖ベートーヴェン
ベートーヴェンは9つの偉大な交響曲を残し、第10番の構成を練っている段階で逝去しました。
その心残りが怨念となり、交響曲第9番まで発表するとその作曲家は呪いで死ぬという噂がまことしやかに流れ始めました。

この噂に信憑性を持たせるかのようにブルックナーが交響曲第9番に取り掛かり、亡くなります。
長女を亡くし、『死』という存在に捉われているマーラーですが、交響曲第8番を発表しいよいよベートーヴェンの呪いと対峙する瞬間を迎えます。

ここでマーラーは一計を案じます。
交響曲第9番を発表したら呪い殺されてしまうというのなら、別の名前で発表しようと。

そこでマーラーは9番目の交響曲を『大地の歌』という名前で発表します。
亡きベートヴェンも『大地の歌』と言われてしまったら、第9番とは言えないなと思ったのか思わなかったのか分かりませんが、マーラーに『死』がお迎えに来ることはありませんでした。

そして早くも翌年に10曲目の交響曲を2ヶ月で完成させます。
『大地の歌』という奇策が功を奏して安心していたのかは分かりませんが、マーラーはこの10曲目の交響曲を『交響曲第9番』として発表します。

アニメーションなら黒装束に身を包んだベートヴェンの目がキラリと光るといった具合でしょうか。
マーラーはこの交響曲第9番を発表した翌年、敗血症によりその生涯を終えます。

このマーラーの死によってベートヴェンの呪いはその信憑性を高めたようです。

関連記事

2017/01/09
死の舞踏
雑学
楽曲

2016/05/11
ベートーヴェンは1日に3リットルのワインを飲んでいた?
雑学

2016/10/13
大砲を楽器として使った音楽
雑学
楽曲

2016/03/23
シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く
雑学
楽曲

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 不協和音の定義とは?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

6位. ベートーヴェンの難聴の原因

7位. バラードとは?

8位. モーツァルトは下品なのか?

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

11位. エリック・サティという突然変異

12位. 非業の死を遂げた作曲家

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

15位. メンデルスゾーンの功績

16位. チャイコフスキーの突然死の謎

17位. 交響詩とは?

18位. ソナタ形式とは?

19位. クラシック音楽に目覚めたきっかけ

20位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ