メンデルスゾーンの功績

2015/12/29
メンデルスゾーンの功績
雑学

音楽はさることながら・・・



幼いころからピアノの手ほどきを受け、若干15歳にして交響曲を1曲書き上げてしまったというモーツァルトと並び神童と謳われたメンデルスゾーンですが、その音楽的評価はさることながら実は彼にはもうひとつの大きな功績があります。

それがベルリンの演奏会でバッハのマタイ受難曲を編曲、指揮し大成功に導いたことです。

このひとつの演奏会の成功の一体何が大きな功績なのでしょうか?
バッハという有名音楽家の曲を演奏しただけのような気がします。

日本では「音楽の父」とも呼ばれ、音楽界の大巨匠として名を馳せるバッハですが、メンデルスゾーンの時代のバッハの評価は今とは全く異なったものでした。
バロック音楽は対位法と呼ばれる各声部が独立した作曲法が主流で、かなり厳格なルール制約がありました。
一方メンデルスゾーンの時代は古典派音楽へ移行している時代で和声を用いた歌うようなメロディラインが主流となり、バッハの難解で厳格な音楽は時代遅れと捉えられていたのです。
その傾向はバッハ生前から現れていたのですが、バッハの死後人々の記憶からその音楽家の名前は忘れ去られていきました。

そんな中メンデルスゾーンは幼い頃からバッハの音楽に親しんでいました。
14歳の時に祖母からマタイ受難曲の草稿の写譜をプレゼントされ、いよいよバッハ研究にのめり込んでいきます。
そしてメンデルスゾーン20歳の時、ベルリンで3時間を超えるマタイ受難曲を大幅に編纂し、演奏会を大成功に導きました。
この演奏会の成功によってバッハは再評価され、当時は有名なオルガン奏者程度だった評価を一変させることとなります。

余談ですが、バッハという音楽家は対位法的な作曲だけに傾倒した古い音楽家ではなく、和声的な作曲をした音楽家のはしりでもありました。
それ故に現代では2つの時代をまたにかけた「音楽の父」と呼ばれるのかもしれませんね。

音楽のロマン



もしメンデルスゾーンバッハのマタイ受難曲をベルリンで成功させていなければ、バッハは現代では誰も知らない音楽家だったのでしょうか?

そうかもしれませんし、メンデルスゾーン以外の音楽家が同じことをやったかもしれませんね。
古典派時代には時代遅れと言われていたバッハですが、知る人ぞ知るというようなポジションではあったようです。

では逆のことを考えてみましょう。

バッハメンデルスゾーンによって再度光を浴びる機会を得ましたが、有名な音楽家でもまだ見つかっていないスコアは数多くありますし、そもそもスコアが出版されていないようなまだ誰も知らない音楽家で、未来では大巨匠と言われているような人が、その作品が、まだこの地球上に眠っているかもしれません。
そのスコアは誰の目にも触れることなく紙の上だけでその至上の旋律を口ずさんでいるかもしれないのです。

そんな音楽家や作品が我々の生きているこの時代にいくつ発見されるかは分かりませんが、ひとつでも多くの旋律を耳にしてみたいものです。

関連記事

2015/12/04
もうひとりのモーツァルト
雑学
人物

2016/11/06
ベートーヴェンの遺書
雑学

2016/08/20
ワルツ王の誕生
人物
雑学

2016/04/26
ショパンの奏でた最上の旋律
雑学
楽曲

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. バラードとは?

6位. 不協和音の定義とは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. 非業の死を遂げた作曲家

10位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

13位. チャイコフスキーの突然死の謎

14位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

15位. モーツァルトは下品なのか?

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

18位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く

19位. 交響詩とは?

20位. クラシック音楽に目覚めたきっかけ