年末の風物詩

2015/12/20
年末の風物詩
雑学 楽曲

年末に第九が演奏される理由



いよいよ今年もあと僅かとなってまいりました。
年末というとみなさんは何を想像されますか?
紅白歌合戦、ゆく年くる年、年越そば、格闘技・・・そしてベートーヴェンの第九が演奏されるというイメージはないでしょうか。

初めて日本で第九が演奏されたのは1918年のドイツ兵捕虜によるものが最初と言われています。
そこから日本の年末で毎年演奏されるようになるまでに、どんなストーリーがあったのでしょうか。


戦後日本はとても貧しい時代を迎えます。
食べ物も限られている中で焼け野原からの復興を目指す、そんな時代です。
当然その余波はオーケストラにも・・・いや、余波どころか大波が芸術を飲み込まんとせんばかりにその懐具合に襲い掛かります。
どのオーケストラも貧しいことが当たり前でした。

そして1947年の年末、日本交響楽団が第九を3日に渡って演奏します。
この演奏は大盛況のうちに幕を閉じます。
何故なら第九はオーケストラに合唱団という大編成で演奏される曲目ですから、ひとりが何人かのお客さんを呼べば必然的に大勢のお客さんが来場することになります。
その手があったかと、他のオーケストラもそれを真似るようになったのが年末に第九が演奏されるようになったきっかけと言われています。

ではその他の合唱付きの曲目では駄目だったのでしょうか?
当時のオーケストラが色々な曲を試していた痕跡はあるのですが、結果残ったのはベートーヴェンの第九でした。
別名歓喜の歌と呼ばれるその曲調が、シラーの書いた歌詞が戦後の日本人に響いたのかもしれません。

余談ですが年末にここまで第九を演奏するのは世の中広しと言えども日本だけのようです。
関連記事

2015/12/04
もうひとりのモーツァルト
雑学
人物

2016/01/07
ハイドン・セット
楽曲
雑学

2016/02/23
管楽器によるアンサンブル
楽曲

2016/01/06
交響曲の父
人物
雑学

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 不協和音の定義とは?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

6位. ベートーヴェンの難聴の原因

7位. モーツァルトは下品なのか?

8位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

9位. バラードとは?

10位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

11位. エリック・サティという突然変異

12位. 非業の死を遂げた作曲家

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

15位. チャイコフスキーの突然死の謎

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. ベートーヴェンに追い詰められた甥

19位. ソナタ形式とは?

20位. リストの娘とワーグナー