ピアノの歴史

2015/12/08
ピアノの歴史
楽器 知識

クラヴィコードからピアノフォルテまで



前回の投稿でモーツァルトの時代のクラヴィーアを紹介したのですが、本投稿ではピアノの発展の歴史とその影に優れた音楽家がどう関わっていたのかを書いてみたいと思います。

まずはクラヴィコードとチェンバロという鍵盤楽器が16世紀頃から盛んに演奏されるようになります。
どちらも4オクターブ程度の音域に対応しており、音楽を学ぶならクラヴィコード、指を鍛えるならチェンバロを弾けと言われていたようです。

それぞれに特徴は異なっているのですが、一番の違いといえば音を出す仕組みでしょう。
クラヴィコードは鍵盤を打鍵することによって、金属片が弦を叩いて音を出すという現在のピアノに近い音の出し方で、チェンバロは打鍵によって弦を弾いて音を出すというある意味ギターの様な音の出し方をします。

音量はチェンバロの方が大きく、クラヴィコードはその音を出す仕組みから、押し込む強さによってピッチを変えることができ、ヴィブラート奏法もできたようです。

しかしどちらの楽器にも同様の欠点がありました。
音量の強弱をつけることができず、単調な音色となってしまうのです。
そこでイタリアのバルトロメオ・クリストフォリが現在のピアノの前進となるクラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ、通称ピアノフォルテを発明しました。
音を出す原理は現在のピアノ同様、ハンマーが弦を叩いて音を出すというもので、クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ(音の強弱をつけられるチェンバロ)の名の通り、表現力豊かな演奏が可能となりました。

フランツ・リスト



このピアノフォルテの誕生からモダンピアノまでの発展には、優れた演奏家の存在が必要不可欠でした。
その代名詞と言えるのがフランツ・リストでしょう。
ピアノがコンサートで演奏されるようになり始めた18世紀後半から、ホールでの演奏にも耐え得る音量と表現力を得るためにピアノの弦はその張力をより高め、その張力を支えられるようにフレームに鉄骨が使われるなど大きな進化を遂げてきました。

そして19世紀になりフランツ・リストが誕生します。
リストは現代でいうロックスターの様な存在で、超絶技巧と言われる演奏力だけでなく、派手なアクションとそのルックスで女性ファンを虜にしていきました。
彼のコンサートでは毎回女性の失神者が出るという程の熱狂振りです。

彼はピアノにさらなる音量と表現力を求めました。
当時はまだ手作りの時代ですから、メーカーは彼の要望を受けて毎回改良に改良を重ねたピアノを製作し、ペダルなど新しい機能も追加されていきました。

フレデリック・ショパン



まったく同時代に活躍したフレデリック・ショパンもピアノの発展に大きく貢献したひとりです。
リストとは対照的に控えめで繊細な性格だったショパンは、ピアノにより繊細な表現力のある音を求めました。

ホールの大勢のお客さんの前で大音量で演奏するリストと違い、ショパンは少人数を相手にサロンでの演奏を好んだようです。
面白いようにこの両者の使用するピアノメーカーは異なっていて、乱暴な言い方をすれば派手さ好みのリストと繊細さ好みのショパンという所でしょう。

当時はこのようにメーカーの個性が色濃く出る時代だったようですが、モダンピアノになるにつれてその個性というのは均一化されていったようです。
一説には世界大戦で多くのピアノ工場が破壊されてしまった為に、そのノウハウまでもが奪われてしまったということです。

ピアノの進化が音楽家に与えた影響



では逆にピアノの進化が音楽家に与えた影響を見てみましょう。
ベートーヴェンの時代のピアノフォルテは5オクターブが主流でした。
そこでベートーヴェンも5オクターブで演奏できる作品を書いていたのですが、晩年に6オクターブのピアノフォルテが登場すると、ベートーヴェンは6オクターブのピアノフォルテで演奏できる作品を多く書くようになります。
このように楽器の進化が音楽家の可能性を広げ、新たな作品の創造にも繋がっていったのですね。
関連記事

2016/06/13
移調の限られた旋法とは?
知識
入門

2015/12/08
楽器を知れば音楽はもっと面白くなる
楽器
雑学

2016/07/14
不協和音の定義とは?
知識
入門

2016/03/02
国際ピアノコンクール
知識
楽器

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 不協和音の定義とは?

4位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

5位. ブラームス派 VS ワーグナー派

6位. ベートーヴェンの難聴の原因

7位. バラードとは?

8位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

9位. モーツァルトは下品なのか?

10位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

11位. エリック・サティという突然変異

12位. 非業の死を遂げた作曲家

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

15位. メンデルスゾーンの功績

16位. チャイコフスキーの突然死の謎

17位. 交響詩とは?

18位. ソナタ形式とは?

19位. クラシック音楽に目覚めたきっかけ

20位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ