もうひとりのモーツァルト

2015/12/04
もうひとりのモーツァルト
雑学 人物

同姓同名の作曲家



ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
知らない人はいないといっても過言ではない、クラシック音楽家の大巨匠です。
しかしもう一人、まったく同姓同名の音楽家、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトがいたことをご存じでしょうか?

ミドルネームまで同じで、同じ職業となると天文学的な確率としか思えないのですが、その裏にはこんなエピソードがあります。

サラブレッド



このもう一人のモーツァルトは幼少期からウィーンにて音楽の英才教育を受けます。
作曲からピアノから当時の一流と言われている音楽家から指導を受け、若くして頭角を現したモーツァルトは、教師の一人であったサリエリに「偉大な音楽家になる才能を持っている」とまで言われます。

しかし、同姓同名である有名なモーツァルトと常に比較され、優れた作品を残しながらもついに元祖モーツァルトの名声を超えることなく、その生涯を終えてしまいます。
さらには現代になって、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの名で作曲された曲が一体どっちのモーツァルトの曲なのかと無用な混乱まで招いてしまいました。

このモーツァルト、当然ながらまったくの他人ではありません。
本名、フランツ・クサーヴァー・ヴォルフガング・モーツァルトというこの音楽家は、れっきとしたモーツァルトの息子です。
母のコンスタンツェが父を超えるような音楽家になって欲しいと名前を父と同じに変えたんですね。

本人にとってはプレッシャー以外の何物でもない、本当に余計なお世話ですがこのコンスタンツェ、息子の本名をモーツァルトの弟子からもらって不義の子と噂されたり、事実はどうあれ当時モーツァルトの暗殺犯として噂されていたサリエリに息子の指導を頼むなど、ちょっとぶっ飛んだ所があったのかもしれませんね。

ちなみに画像がモーツァルトの妻であるコンスタンツェです。
関連記事

2016/12/02
初演までに101年かかった作品
雑学
楽曲

2016/11/03
天才のスランプ?
雑学
楽曲

2016/03/23
シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く
雑学
楽曲

2017/02/22
春の歌
雑学
楽曲

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 不協和音の定義とは?

6位. バラードとは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. 非業の死を遂げた作曲家

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. モーツァルトは下品なのか?

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

15位. チャイコフスキーの突然死の謎

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

19位. ソナタ形式とは?

20位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く