曲に付けられた暗号②

2015/11/21
曲に付けられた暗号②
知識 入門

変ロ長調?嬰ヘ短調?



前回の記事では曲名に付けられている交響曲と協奏曲の違いについて書きました。
これはまだ日本語というか漢字になっているので何となくは見当がつくと思うのですが、その後に書かれている変ロ長調や嬰ヘ短調などについては皆目見当もつきませんよね。
嬰に関しては読み方すら分かりません。
これはもう立派な暗号と言っても差し支えないでしょう。

ではひとつずつ解読していきます。
まずはこの暗号を3つのパートに分けます。

変  ロ  長調
嬰  ヘ  短調

この3パートについて次章からひとつずつ見ていきましょう。

1.変と嬰



1の"変"と"嬰"はそれぞれ"へん"、"えい"と読むのですが、我々が学校の音楽の授業で習った言い方に直すと、"♭"と"♯"になります。
学校の授業を久しぶりに思い出してみて下さい。
"♭"は半音下がる"♯"は半音上がるでしたね。
頭の中に鍵盤をイメージして頂くと白鍵から黒鍵にいくイメージです。

では何を半音上げ下げするのでしょうか。
その情報が2の"ロ"や"ヘ"になります。
もちろん半音上げ下げする必要がない場合はこの"変"も"嬰"も表記されません。

2.ロとヘ



2のカタカナは簡単に言ってしまうとドレミファソラシドの日本語バージョンだと思って下さい。
日本語バージョンではこのドレミファソラシドがハニホヘトイロハになります。
ギターをされている方だとアルファベット表記のCDEFGABCが馴染み深いかもしれませんね。

それぞれ以下の通り対応しています。
ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド
ハ ニ ホ ヘ  ト イ ロ ハ
C D E F  G A B C

ここで鋭い方だとひとつの疑問にぶつかると思います。

日本語バージョンは恐らく"いろはにほへと"から来てるんだろうけど、何で"い"じゃなくて"は"で始まってるんだろう。。
そういえばアルファベット表記も"A"からではなく"C"から始まっている。。

これは国際的に調律をする時は440Hzの"ラ"の音を基準とすることから、そこに"い"や"A"を当て込んだらしいです。

少し脱線しましたので2の解読に戻りましょう。
もうお分かりだと思いますが、上の例で出した"ロ"や"ヘ"というのは対応表に照らし合わせると"シ"と"ファ"の音だということが分かります。

ではここで提示されている音は何の意味を持つのでしょう?
これは主音やルート音と言われる音階の基準となる音です。
音階については3を参照頂きたいのですが、主音やルート音をとてつもなく簡単に言うと、曲の最後のジャーンという気持ちの良い和音の基準となっている音です。
家でいう土台みたいなものですね。

1の変や嬰が付いた場合は半音上げ下げした音を主音とするという意味になります。

3.長調と短調



1と2の情報で基準となる音は決まりました。
家の土台ができたら後はどういうデザインの家にするかを決めなくてはいけませんね。
それがこの3の情報になります。

長調や短調というのは音階、つまりこの音を使って組み立てますよという宣言の様なものです。
家のデザインを派手な感じにしたければ赤と青と黄色を使いますと宣言すればいいし、シックなものにしたければ、黒と白と灰色を使いますと宣言すればいい。
ただ毎回色の指定をするのはめんどくさいので、それぞれの色のパターンを陽セット、陰セットという風にまとめてしまえば、陽セットを宣言すれば赤と青と黄色、陰セットを宣言すれば黒と白と灰色を使えばいいとすぐに分かりますよね。

長調と短調というのもこういうセットのひとつなんだと思って下さい。
もちろん音階というセットはこの2つだけでなく世界中にたくさんのパターンがあります。
例えば沖縄音楽って聴いただけで何となく沖縄っぽいって分かりますよね?
あれは琉球音階というセットを使っているからどんな曲でも沖縄っぽさがでるんです。

では長調と短調というのはどういう雰囲気のセットなのでしょうか。
これはざっくりと長調は明るい雰囲気、短調は暗い雰囲気と理解して下さい。

まとめると変ロ長調というのは"シ"の♭を基準とした明るい曲調、嬰ヘ短調というのは"ファ"の♯を基準とした暗い曲調ということになります。

何故そんなことを決めるの?



では何故わざわざそのようなことを決めるのでしょうか。

音階さえ決まってしまえば、基準の音を変えても基本的な響きは変わりません。
カラオケでキーを上げ下げしても曲の雰囲気が大きく変わることはないですよね?

しかし、そこは芸術家。
それぞれの響きにちゃんと違いを感じているのです。

例えばワイン初心者が色々な種類のワインを飲んだとしても、どれも美味しいワインでした!位のことしか感じないと思いますが、ワインに詳しい人が飲めば、あるワインにはお花畑にいるようなフレーバーを感じたり、あるワインには果物を丸ごとかじっているかのような風味を感じたりするでしょう。

作曲家にも同じような感覚があり、例えば嬰ヘ短調には深い孤独と悲しみがあるが、一途な恋の様な甘美さもある・・・みたいなことを言ってしまったりするわけです。

もうひとつの理由に楽器との兼ね合いがあります。
曲は譜面に書くだけでは聴衆には届きません。
やはり楽器を使って演奏して初めて人に届くものです。
この楽器にはそれぞれに特性があって、管楽器に出しづらい音があったり、弦楽器は弦を押さえて出す音と、押さえないで出す音ではまったくそのキャラクターが変わってしまったりします。

つまり作曲家にとっては自身の感性が欲する響き、精神的なものと、楽器の特性に合わせた響き、物質的なものの相反するふたつのファクターをギリギリですり合わせて作り出した、大切な大切な設計書になるわけですから、このように曲名に表記されているのですね。
関連記事

2015/11/23
曲に付けられた暗号③
知識
入門

2016/04/25
交響詩とは?
知識
入門

2016/08/25
ヴァイオリンの歴史
楽器
入門

2015/11/20
曲に付けられた暗号①
知識
入門

人気の記事
1位. 平均律と純正律の響きの違い

2位. 木管楽器と金管楽器の違いとは?

3位. 魔王の作曲者はシューベルトではない?

4位. ブラームス派 VS ワーグナー派

5位. 不協和音の定義とは?

6位. バラードとは?

7位. ベートーヴェンの難聴の原因

8位. エリック・サティという突然変異

9位. ワーグナーの婚礼の合唱は縁起が悪い?

10位. 非業の死を遂げた作曲家

11位. モーツァルトのレクイエムに眠る逸話

12位. モーツァルトは下品なのか?

13位. ハレルヤコーラスでは起立するべき?

14位. エリーゼのためにのエリーゼって誰?

15位. チャイコフスキーの突然死の謎

16位. メンデルスゾーンの功績

17位. 交響詩とは?

18位. 印象主義音楽に影響を与えたグリーグ

19位. ソナタ形式とは?

20位. シューベルトの幻の交響曲の正体を暴く